ポチ 「ももちゃん、今日は快晴だよ。山に行こうよ。」

もも 「ラジャー。」

今日の工石山は大賑わい。「山の春」を待ちわびていたハイカーが大勢です。

もも 「やっぱり春はワクワクするでしゅね~。草花や若葉で新しい命が溢れてるでしゅ。」

下界では散った山桜、咲き始めていました。先週はまだ冬模様でしたが、1週間で様変わりしています。 ↓

b0370155_18154642.jpg



b0370155_18155287.jpg
ヤマツツジはもうちょっと。↓

b0370155_18155630.jpg
ヤマヤナギ。 ↓

b0370155_18160015.jpg
春には珍しく、空気が澄んでいました。浦戸湾。↓

b0370155_18161534.jpg
ミツバツツジなどのツツジ類の開花が遅れている中、アケボノツツジは咲き始めていました。 ↓

b0370155_18162587.jpg
四国山地が丸見えでした。 ↓

b0370155_18162908.jpg
b0370155_18163226.jpg
b0370155_18163669.jpg
b0370155_18164130.jpg
↓ミヤマカタバミ

b0370155_18165288.jpg
↓ カタバミ。

b0370155_18160407.jpg
↓ ツルシキミ。

b0370155_18165684.jpg
↓ シキミ。  

b0370155_18170534.jpg
↓アブラチャン??

b0370155_18170993.jpg
ブナの芽吹き。 ↓

b0370155_18170137.jpg

春ですなぁ。

b0370155_18164510.jpg
工石山~三辻山、良い山歩きができました。 三辻の白骨桧。 ↓

b0370155_18172103.jpg
もも 「また来週にも来なくちゃでしゅね。」

b0370155_19053004.jpg

by yamasakimasahiko | 2017-04-23 19:08 | 登山 | Comments(0)

工石山(1176.4m)

ポチ 「ももちゃん、お腹も調子良くなったし、今日こそは山に行ってみようね。」

もも 「今日はママしゃんも行けるみたいでしゅよ。久しぶりのフルメンバーでゴーでしゅ~。」

工石山登山口に着くと、数十人規模の団体さんが。何かのイベントみたいでした。周りの景色は前週同様、花はまだまだ先の様子です。でも、杖塚のトサミズキは ↓

b0370155_18232262.jpg

b0370155_18232828.jpg

まさに満開。この花はポチのホームコースにも咲くのですが、すでに散ってしまっています。アセビの花はもう終盤のようです。 ↓

b0370155_18233772.jpg
桧屏風岩から見た妙体岩。 ↓

b0370155_18233340.jpg

補給クレクレなももちゃん、ポチのドーナツが欲しいみたい。 ↓

b0370155_18234308.jpg
バイカオウレンは先週よりも多く開花していました。 ↓

b0370155_18235780.jpg

b0370155_18234999.jpg
b0370155_18235437.jpg

ツルシキミもやっと咲き始めました。

b0370155_18240580.jpg
シャクナゲはまだまだ先です。 ↓

b0370155_18240102.jpg

頂上で補給を取ります。

b0370155_18240719.jpg

この後、雲行きが怪しくなり急いで下山しました。 桧に負けず頑張るヤマグルマ。 ↓

b0370155_18241295.jpg

明日は奥四万十トレイルの試走会。行くべきか行かざるべきか、それが問題だ・・・。(準備はしてます)

by yamasakimasahiko | 2017-04-15 19:16 | 登山 | Comments(0)

工石山~三辻山

ポチ 「ももちゃん、今日は山に行くけど一緒に行くかい?」

もも 「それがでしゅね、ももはお腹の調子が悪くて・・・。今日は安静にしてましゅ。」

ももちゃんは木曜日から下痢ピーです。月曜にでも病院へ連れて行こうかな、ビビるやろうけど。

10時半、工石山へと歩き始めます。なるだけ速足で、平坦と下りは小走りで。山行用の装備なので、重くて走るのは無理です。そろそろ山も春がと期待していましたが、山桜もつつじもまだまだです。そんな中、咲き始めていたのは ↓

b0370155_17514310.jpg

トサミズキ。それから ↓

b0370155_17514995.jpg

b0370155_17515348.jpg

アセビ。 ↑
それ以外はまだ冬のいで立ち。

↓ 浦戸湾。

b0370155_17515957.jpg

↓ 南国平野と高知龍馬空港。
b0370155_17520316.jpg
ここ数日の雨でコケ類が元気です。↓

b0370155_17520818.jpg


b0370155_17524649.jpg

b0370155_17525082.jpg

↓ サイの川原の岩陰でカエルを発見。お腹を上に動かないので死んでるのかって思いましたが、小枝で突っつくと動きました。まだ半冬眠みたいです。周辺ではケロケロと大合唱が始まっており、早く起きないと恋の季節に乗り遅れちゃいますよ。

b0370155_17521335.jpg

ふと足元に目をやると・・・↓

b0370155_17521868.jpg
バイカオウレンが咲いていました。可憐な花ですねぇ~。

b0370155_17522296.jpg

b0370155_17522723.jpg

b0370155_17523235.jpg
b0370155_17523687.jpg

↓ シャクナゲの花芽を発見。今年の花はどうかな~、沢山咲くと良いのですが。 ↓

b0370155_17524286.jpg
工石山から三辻山へと向かいます。ドロマイト採掘場の跡地。 ↓

b0370155_17525580.jpg

三辻山は南ルートが杉林で短調、しかし北ルートはブナやヒメシャラ、シャクナゲが多く、高知市内から近いにしては自然林が楽しめます。(工石山には負けますが)

b0370155_17525963.jpg
バイケイソウも新芽が出ていました。 ↓

b0370155_17530399.jpg

およそ3時間の山歩き、トレランの練習になりました。16日は奥四万十トレイルの試走会があるらしいので、天候次第ですが参加してみたいと思っています。約20キロのコース設定みたいです。


by yamasakimasahiko | 2017-04-09 18:29 | 登山 | Comments(0)

雪の工石山

もも 「パパしゃん、今回の寒気で北山も雪景色みたいでしゅよ。あ~~もも、雪と戯れたいでしゅ~~。」

ポチ 「分かった分かった、かなり寒そうだけど雪遊びに登ってみようね。」

もも 「そうこなくっちゃでしゅ、流石はパパしゃんでしゅよ。」

いつも職場から眺めている工石山ですが、13日からずっと雪模様で気が気じゃなかったのです。「早く調査に行かなくちゃ」 気安く自宅から4~50分で登山口まで行ける工石山、もうすっかりポチのホームグラウンドになりました。10時、準備を終えて登り始めます。先行者は無し、新雪を踏んで足跡を残していきます。雪はずっと降り続いており、ももちゃんのヒゲが凍り付きます。

もも 「これでしゅよ、これ。この澄み切った空気感・・・萌え~」

b0370155_17512473.jpg
↓ アカガシ

b0370155_17505455.jpg
↓ イヌツゲに積もった雪。

b0370155_17510122.jpg
↓ シャクナゲが葉を閉じて寒さをしのいでいます。賢いなぁ~。

b0370155_17510557.jpg
で、最も寒さに強いのが「ももちゃん」です。雪を鼻で掘ったり、前足でかいたり。楽しくて楽しくて・・・というのが十分に伝わってきます。(ちょっと歩くのには邪魔ですが)

b0370155_17511057.jpg
頂上では、凍りかけた🍙とシャーベット状のお茶で補給。あまりの寒さに、そそくさと下山します。
↓ ツルシキミも寒そう。

b0370155_17511409.jpg
ヒメシャラもじっと我慢です。 ↓

b0370155_17512064.jpg

もっと雪が多いと思っていましたが、頂上北側の最も深い場所でも10センチほどでした。雪質はサラサラ、強風に舞い上がる光景も見られました。四国山地の眺望はありませんでしたが、かなりの降雪だろうな~。

by yamasakimasahiko | 2017-01-16 18:32 | 登山 | Comments(0)

新年 明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いを致します。

もも 「パパしゃん、新年おめでとーでしゅ~。」

ポチ 「今年は穏やかな年明けだねぇ。昨年には事故があり憂鬱な正月だったけど、2017年は良い年にしたいね。」

もも 「じゃあ、早速に行くでしゅよ、初詣に。」

10時半、相方とももちゃんで工石山を登り始めます。先着車は3台、思ったよりハイカーは少ないようです。最近は歩くだけでも踵が痛くなるので、ちょっと不安含みの山歩きです。桧屏風岩からの南国平野。 ↓

b0370155_17331963.jpg

↓ 浦戸湾。

b0370155_17332440.jpg

日陰には先日の雪が残っているものの、風も無く暖かい陽気。ももちゃんは残り雪と遊びながら、元気いっぱいで歩きます。冬場で花は無い山ですが、ヒメシャラの梢が明るく輝いていました。 ↓

b0370155_17332867.jpg

昼食を「さいの川原」で取り、13時に頂上です。

b0370155_17341629.jpg

↓ 左から大森山、佐々連尾山、奥工石山。

b0370155_17342348.jpg
↓ 二つ岳や赤石山の法皇山系。

b0370155_17342757.jpg

↓ 寒風山や、雪をかぶった笹ヶ峰など。

b0370155_17343199.jpg

↓ 石鎚、二の森、手箱山。

b0370155_17343851.jpg

四国山地が丸見えでした。今年が良い年になりますように・・・。











by yamasakimasahiko | 2017-01-01 18:03 | 登山 | Comments(4)

伊予富士

四国山地に雪が降った模様ですので、調査をしてきました。旧寒風山トンネルに到着したのは8時30分、すでに20台近くの車が先着しておりました。詳細は後日にアップ致しますが、積雪期には登ってはイケナイ山・・・伊予富士でした。後続のパーティは無事に帰還できたのでしょうか・・・。

↓桑瀬峠から寒風山方面を撮影。ガスで山容は窺えませんでした。
b0370155_15325419.jpg
車が多いので少し興奮気味、そそくさと準備を終えて登山を開始します。登山口周辺の積雪量は約20センチ、クランポンを着けて登ります。途中で4~5名の日の出撮影組とすれ違います。「今日はいいの撮れましたか?」「今朝は綺麗に焼けましたよ」良い朝焼けが撮れた様です。桑瀬峠でカメラを取り出して愕然とします。24-120のズームが着いているはずが、なんと60mmのマクロレンズが着いていました。「何だか軽いな~」とは思ったのですが・・・。よって、今回の画像はすべて60mmレンズでのものになります。これは、バイクに例えると・・・山岳コースを上るのに、クランクが53のアウター一枚、カセットは15のシングルみたいな・・・。

さて、どっちへ行こうか?寒風か伊予富士か。昨年に寒風~笹ヶ峰を歩いていますので、今日は伊予富士にいくことにしました。ところが・・・踏み跡があったのはほんの数百メートルだけです。どうやらカメラマンの足跡だったようです・・・やれやれ、ここからずっとラッセルかぁ。尾根筋には30~40センチの積雪。登りに入ると4歩すすんで小休止を繰り返します。こんなところで体力を使い過ぎると、最後の直登が上れなくなります。

↓樹氷、霧氷が綺麗です。

b0370155_15330055.jpg

b0370155_15330805.jpg
↓ 凍り付いたブナ。

b0370155_15331177.jpg
少しだけ日が差してきました。 ↓

b0370155_15331609.jpg
後方に登山者の姿が確認できましたが、追いついて来て「ラッセル代わりますよ」とはなりませんでした。こんな年寄りにずっとラッセルさせるなんて・・・。

b0370155_15330402.jpg
↓ やっとのことで頂上直下までたどり着きました。腹減ってるけど、最後の力を振り絞って。

b0370155_15332141.jpg
なかなかに危険な直登でした。雪で足場の確認ができず、随分と時間がかかりましたし、力を使い過ぎて足が攣る事態に。(゚Д゚;) 気力を振り絞りよじ登りました。

b0370155_15332491.jpg

↓ 東黒森。ポチは精魂使い果たしたため、帰路はあちらに降りて林道を歩くことにしました。安全第一です。

b0370155_15332851.jpg
↓ 一人登って来ました。松山から来られたとのこと、この方もポチと同じ帰路を選択しました。

b0370155_15333509.jpg
とり付き部で休憩中のパーティ。女性らしき姿もあります、ご安全に。 ↓

b0370155_15333204.jpg

さて、ポチ達は東黒森方面へ下っていきますが、同行者がラッセルしてくれて楽ちんでした。しかし、車道に降りてからも積雪は30センチあまり、歩くこと10キロ程か?駐車場が見えた時はうれし泣きです。(車道、2時間以上歩きましたから)

↓ 冠山が疲れを癒してくれました。

b0370155_15333818.jpg
やはり冬山は最高に気持ち良いのでした。

by yamasakimasahiko | 2016-12-17 19:45 | 登山 | Comments(0)

工石山で特訓

相方とももちゃんで工石山へ。紅葉は終わり、冬枯れの中の山歩きでした。相方は初夏の横倉山以来の山歩きです、無事帰還できるのでしょうか。

土佐山ではランナーやローディーが朝から頑張っています。ポチも週末は土佐山を走っているのですが、車から見るとこうなのか、と参考になりました。高川の通行規制が心配でしたが、今日は解除されておりました。

↓ 八起白鷲岩から縄張りを確認するももちゃん。「土佐町東部よし!」

b0370155_17192259.jpg

↓ 「土佐町西部よし!」

b0370155_17193270.jpg

↓ 「山岳よし!」

b0370155_17195879.jpg
↓ 「棚田よし!」

b0370155_17201956.jpg
↓ いつもの風倒木前にて。

b0370155_17213314.jpg

土曜日ですが紅葉が終わったこともあり、登山者は少な目でした。お湯を沸かしてプチ補給です。

b0370155_17214243.jpg
↓ サルトリイバラ

b0370155_17223080.jpg

↓ タムシバの果実? ネコヤナギみたいでフワフワです。

b0370155_17233300.jpg
↓ これは・・・?

b0370155_17235869.jpg

老後の嗜みでキャメラ(カメラね)の勉強中です。w

b0370155_17212419.jpg


by yamasakimasahiko | 2016-11-26 17:56 | 登山 | Comments(0)

雪光山トレーニング

昨日の20キロ走があまりにもボロボロでしたので、今日は雪光山で特訓です。コーチのももちゃんと10時に登り始めますが、いつ登ってもしんどい急登です。平家の滝からの合流点では、汗だくになっていました。

県道6号からの雪光山。 ↓ 小粒ですが俊峰なんです。

b0370155_16072882.jpg
↓ ヤマナシ

b0370155_16080880.jpg
↓ 赤松

b0370155_16081705.jpg
↓ ツルシキミ

b0370155_16084432.jpg
頂上北側から眺めた石鎚山系。 ↓

b0370155_16085375.jpg
この山は黄色系の紅葉が綺麗でした。

b0370155_16091261.jpg
b0370155_16092388.jpg
↓ 縦縞が特徴的なこの木は・・・? イヌシデですかね?

b0370155_16093184.jpg
よじ登る、ももちゃん。流石です。

b0370155_16090383.jpg
行程2時間あまり、良いトレーニングになりました。

by yamasakimasahiko | 2016-11-13 17:19 | 登山 | Comments(0)

クロカン

クロカンを兼ねて工石山に登りました。相棒はいつもの「ももちゃん」、今日もハイテンションです。登山口には沢山の車が止まっており、紅葉シーズン真っ只中という感じです。
↓ 赤松。

b0370155_16011124.jpg

南斜面から登って行きました。こちらにはリンドウが沢山あるのですが、なぜか今日はすべてが蕾・・・曇りで寒いから? ↓

b0370155_16012506.jpg
↓ 綺麗な紅葉。

b0370155_16013657.jpg
↓シロモジ。

b0370155_16014629.jpg

↓ コハウチワカエデ

b0370155_16015599.jpg

b0370155_16020715.jpg
屏風岩から浦戸湾を。 ↓

b0370155_16021688.jpg

↓ 屏風岩の白骨。

b0370155_16022557.jpg

↓ ツガ。

b0370155_16023447.jpg

↓ヒメシャラ。
b0370155_16025800.jpg

↓ モミ。

b0370155_16030875.jpg

↓ ブナ。

b0370155_16031668.jpg
↓ 桧の古木。

b0370155_16032839.jpg


本日のももちゃん。 ↓

b0370155_16035273.jpg
明日、大腿四頭筋が痛ければトレーニング成功です。(^^♪


by yamasakimasahiko | 2016-11-06 16:21 | 登山 | Comments(0)

大星山

昨夜の話です。

もも 「パパしゃん、そろそろじゃないでしゅか?そろそろ・・・。」

ポチ 「そろそろ?まだマラソンは随分先だよ。」

もも 「もう~~~。パパしゃんのいけず~。そろそろ山歩きのシーズンでしょって言ってるでしゅ。」

ポチ 「おお、そうだね。まだ日中は暑いぐらいだけど、もうすぐ11月だし・・・今日走った22キロのダメージが残ってそうだけど、明日山に登ってみようか?」

もも 「ワンだふるでしゅ。」

8時、自宅を出発し大栃方面へと走ります。「轟の滝」への看板を追って、林道に入ります。林道のゲートまで残り2キロぐらいの所で通行止め。山腹崩落の様です。とりあえず、現場まで歩いてみることに。

b0370155_17493271.jpg

↓ 赤い実がなる高木、イイギリでしょうか。

b0370155_17494411.jpg

↓10メートル幅ぐらいで道路が渓に流されていました。今にも落石がありそうな雰囲気で、速足で横断します。

b0370155_17550528.jpg

ももちゃんと渡り切った時、ガサガサと音がして・・・音の方を見ると、ニホンカモシカが崖を走り上がっていました。流石に今回はカメラを取り出す暇も無く・・・でした。やはり普通に居るんですね~。

b0370155_17502478.jpg
↑ 林道を歩くこと1時間、やっと登山口に到着です。この登山道は送電鉄塔の保守道でして、登山客が少ない割には踏み跡がしっかりしており、迷う心配はありません。ももちゃんもちゃんと歩く方向を判別して先頭を引きます。w

b0370155_17503420.jpg

↓紅葉が始まっています。

b0370155_17504575.jpg
b0370155_17505521.jpg

b0370155_17520359.jpg
b0370155_17521421.jpg

↓苔むしたブナ。

b0370155_17515386.jpg
↓ブナの立ち枯れに着いたキノコ。見るからに美味しそうで、つい持ち帰りましたが・・・ネットで調べても食用がどうか不明。よだれを飲み込み、廃棄しました。

b0370155_17522516.jpg

↓ これはホコリタケ?

b0370155_17523627.jpg
↓ 凄い枝振りのブナ。

b0370155_17531047.jpg

歩くこと@2時間、頂上です。 ↓

b0370155_17531838.jpg
頂上は特に見晴しが良いわけではありませんが、法皇山系が見えていました。 ↓

b0370155_17532902.jpg

強風で寒い中、カップ麺とおにぎり2個で補給。 ↓ 手袋を持って無かったので、指先が寒くて大変でした。もう冬の装備で来なくてはだめです。速攻で下山を始めます。

b0370155_17533703.jpg

 ↓ ブナの幹に食い込んだツツジの枝。ブナが食べてるみたいです。

b0370155_17542658.jpg
↓ ヒメシャラ。

b0370155_17544647.jpg

↓ヒメシャラとブナのせめぎ合い。

b0370155_17545584.jpg
b0370155_17543681.jpg


b0370155_17551453.jpg

b0370155_17552350.jpg
b0370155_17554236.jpg

↓ ゼニゴケの群生。
b0370155_17553321.jpg
当初の計画では走り上がる予定でしたが、10キロのザックで走れるほど甘い山では無かったです。底力を着けるという意味では、山歩きもマラソンの練習になりそうです。

by yamasakimasahiko | 2016-10-30 18:46 | 登山 | Comments(0)