人気ブログランキング |

ヤマザクラ、その2

このところ暖かい日が続き、ヤマザクラが本格的に咲き始めました。藪からは鶯の囀りも聞こえてきて、春を感じます。

ヤマザクラ、その2_b0370155_15483458.jpg
ヤマザクラは花と新葉が同時に楽しめるのがグッド。

ヤマザクラ、その2_b0370155_15492906.jpg
ホント、桜は良いねぇ。

ヤマザクラ、その2_b0370155_15483728.jpg
ここは鴻ノ森。今日はマウンテンバイクで登ってきたのですが、急坂はインナーローでもキツイです。最近は全くペダルを踏むことが無くなり、脚力がすっかり落ちました。こんなことではイカンですね。
山を北に巻くとスミレの花が。 ↓ シハイスミレですかね?

ヤマザクラ、その2_b0370155_15484164.jpg
トサミズキは満開が近いです。 ↓

ヤマザクラ、その2_b0370155_15484753.jpg
真っ赤に染まったアオキの実。この実は鳥も食べないみたいです。もしかしたら有毒? ↓

ヤマザクラ、その2_b0370155_15491840.jpg
日当たりの良い場所にはホトケノザ。どこででも見かける草花ですが、マクロレンズで覗くと可愛らしい花です。 ↓

ヤマザクラ、その2_b0370155_15485079.jpg
オオイヌノフグリも変な名前を付けられていますが、たいへん可愛らしいと思います。 ↓ ちょうど朝のTVで見たのですが、この花は午前中に受粉すると花が落ち、翌日にはすぐ別の花が咲くのだそうです。春先にはいつも咲いているイメージを持っていましたが、次々に花が咲いていたんですね。

ヤマザクラ、その2_b0370155_15485337.jpg
今日の相棒、KONAのマウンテンバイク。これからは出番が増えるかもです。 ↓

ヤマザクラ、その2_b0370155_15492557.jpg





# by yamasakimasahiko | 2021-03-07 17:25 | 登山 | Comments(0)

さくら咲く

今にも雨が降り出しそうな鴻ノ森をジョギング中のこと、道端のヤマザクラに花が着いているのを見た。「え?もう咲いたの?」
急いで帰宅し、カメラを持って再訪する。

さくら咲く_b0370155_13334384.jpg
山の花はどうだろう。工石山のバイカオウレンがそろそろだと思うが・・・。近々、調査に行ってみよう。

さくら咲く_b0370155_13334782.jpg


# by yamasakimasahiko | 2021-03-04 13:53 | 登山 | Comments(0)

ひなたぼっこ

一日のほとんどを寝て過ごす「ふわり」。昔から日なたぼっこが好きだったので、自由に歩いて移動できない今は抱っこして窓際に。やはり日なたはあったかいねぇ。

ひなたぼっこ_b0370155_15301146.jpg
ももちゃんもお付き合いでまったりしてました。



# by yamasakimasahiko | 2021-02-20 15:33 | 登山 | Comments(2)

メジロ

メジロ逆光問題を解決すべく、アマゾンでレフ板を買ってみました。お値段は@1200円です。保管時には小さく畳めて、直径20センチぐらいの大きさになります。広げると60センチ程になり、片面はピカピカの銀、もう片面は柔らかく光を反射する白です。 ↓

メジロ_b0370155_13445666.jpg
これを使って、メジロを撮影してみたのがこれ。 ↓

メジロ_b0370155_13435202.jpg
お~~。目玉もバッチリ写ってる??

まぁ、日が西に傾いてくるとレフがなくてもそこそこ撮れますが。 ↓

メジロ_b0370155_13435656.jpg



# by yamasakimasahiko | 2021-02-09 13:52 | 登山 | Comments(2)

バイカオウレン

早いもので、今年もバイカオウレンが咲く時期になった。白い、小さい、可憐な花で、春の到来を告げるのに最適な花だと思う。ドラマチックに林間に日が差す午後を狙って、見物に出かけた。まずは久しぶりに牧野公園へ。

バイカオウレン_b0370155_18113845.jpg
園内の案内板によると、福寿草も咲き始めているらしい。まずはそこを目指して登って行くと。

バイカオウレン_b0370155_18111825.jpg
おお、眩しく輝く黄色い福寿草。この花も春を先取りする春告げ花の一つ。いろいろと気の滅入ることが多い昨今に、ひと時でも心をホッとさせてくれる貴重な花や。

バイカオウレン_b0370155_18112217.jpg
暖かい色や。

バイカオウレン_b0370155_18112611.jpg
若い頃は花なんてあまり興味を持てなかったが、歳を重ねるごとに愛おしく感じるようになってきた。まぁ、ポチの終焉が近いってことなんだろうね。w
杉林の中にはバイカオウレン。こういう薄暗いところが好きなのかね? ↓

バイカオウレン_b0370155_18113311.jpg
中でも目立つ、重なって咲く株。君たちはたくさんの人に撮影されたろうね。 ↓

バイカオウレン_b0370155_18112966.jpg
日当たりの良い園内の、風が当たらないベンチで昼食を取る。食べるのは、道の駅日高で買ってきたちらし寿司、たいへん美味しく頂いた。

食後には土佐加茂へと移動する。集落活動センターでは、バイカオウレンの鉢植えが300円と800円で販売されていた。山野草を鉢植えで見て満足する??ありえんなぁ。

昨年にも撮ったフェラーリの残骸。F40か? タイヤはミシュランと思われるが。 骨組みだけになっても、立派に道案内に活躍している。自分もこうありたいものだ。ハイライトの空袋はなぜ刺されている??ポリシーが謎や。 ↓

バイカオウレン_b0370155_18120358.jpg
こちらも満開だった。いやいや、まだこれからもっともっと咲くのかもしれない。 ↓

バイカオウレン_b0370155_18115597.jpg
いいよねぇ。 ↓

バイカオウレン_b0370155_18114887.jpg
直径5ミリほどの花だが、強さを感じたり、逆に儚さを思うこともある。ポチも歳をとったってこと、間違いない。

バイカオウレン_b0370155_18115963.jpg

竹は真っすぐ育つものと教えられたが、中には違う個性を出すのもいる。 ↓

バイカオウレン_b0370155_18120720.jpg

今は不自由な世の中ですが、明るい春はそこまで来ていますよ。








# by yamasakimasahiko | 2021-02-03 19:10 | 登山 | Comments(0)

メジロ

もうすっかりメジロにメロメロ。食事にやってきたメジロをカーテンの隙間からそっと撮るのですが、部屋が南向きなので必然的に逆光での撮影になってしまいます。目玉まで鮮明に撮りたいなら・・・ストロボを使う??ピカッと光ると驚くだろうなぁ。レフ板を作ってみてもいいかも。

メジロ_b0370155_19531039.jpg
野鳥は昔から大好きで、ポチが若い時にはカワセミを筆頭に追いかけていました。鳥愛が再燃しそうです。



# by yamasakimasahiko | 2021-01-31 20:02 | 登山 | Comments(0)

お客様

ヤモリが我が家に居ついている。台所のガラス窓に寄ってくる蛾を狩るのだが、意外にもドジで食べ損なうことも多い。「そっちじゃない、ここに居るやんか」など応援してやるのが楽しい。画像は昨年10月のもの、今はどこかで冬眠中かな。

お客様_b0370155_17171246.jpg
段ボール箱の隅っこに残った、年越しのミカンが1個。皮が干乾びて誰も手を付けない。捨てようかとも思ったが、待てよ、それならメジロにごちそうしてやろうじゃないか。半分に切ってハナミズキの枝に突き刺すと、5分も待たずに飛んできた。

お客様_b0370155_17171638.jpg
容姿も鳴き声も食べる姿も可愛いねぇ。3羽ぐらいがあっという間に食べつくしたので、急いで追加のミカンを買い出しに出かける羽目となってしまった・・・。



# by yamasakimasahiko | 2021-01-16 17:32 | 登山 | Comments(0)

締めの山行

1年の締め山行は・・・やはり今年も一番お世話になった三辻山で決定やね。昨夜の天気予報では、平野でも積雪が云々と言ってたのでかなり期待して土佐山へ向かうが、雪はどこにも全然無い。ただひたすらに寒いだけ。9時過ぎの登山口はー3℃、寒さ対策で頭にはニットのビーニーを被り、背中にはカイロを貼って出発する。

県道から見上げる黒滝峰。 ↓

締めの山行_b0370155_15201178.jpg
20分ほど歩くと樫山峠に到着。ここでミニドーナツとボトルの暖かいお茶で小休止。ススキがいい感じで光っていた。 ↓

締めの山行_b0370155_15201687.jpg
鹿が登る白骨樹の岩場に寄り道して、白髪山を見ると少しだけ雪が見えた。 ↓

締めの山行_b0370155_15202456.jpg
もも 「南側は風も無くてポカポカでしゅね。」

締めの山行_b0370155_15202057.jpg
もう何度も見てきた白骨樹だが、青空の元での存在感は凄みがある。 ↓

締めの山行_b0370155_15202854.jpg
根元から見上げてみる。 ↓

締めの山行_b0370155_15203298.jpg
黒滝峰にも寄り道をするが、今日も太平洋が輝いて見えていた。 ↓

締めの山行_b0370155_15203522.jpg
浦戸湾をアップで。 ↓

締めの山行_b0370155_15204156.jpg
昨日からの強風でゴミが吹き飛ばされたのか、空気が澄んでいた。同じ場所からの眺めでも、来るたびに見え方が違って楽しめる。
ヒカゲツツジに花芽がついている。春が楽しみになる。 ↓

締めの山行_b0370155_15204509.jpg
こちらはシャクナゲの蕾。黒滝峰周辺では、多くの蕾が確認できたが、三辻山への道中では極わずかに見えただけだった。 ↓

締めの山行_b0370155_15204839.jpg
いつもの苔山。 ↓ さすがにこの寒さでは元気がない。 ↓

締めの山行_b0370155_15205122.jpg
三辻山に到着。今日は行動食だけで我慢する。西に見える雨ヶ森。 ↓

締めの山行_b0370155_15205518.jpg
石鎚は雪雲に隠れている。左手の真っ白いのは手箱山か。 ↓

締めの山行_b0370155_15210154.jpg
平家平方面。 ↓

締めの山行_b0370155_15210448.jpg
浦戸湾と土佐湾。すごく輝いていて感動。 ↓

締めの山行_b0370155_15210766.jpg
三辻山を下りて、ドロマイト鉱山跡へ。再度石鎚方面を見るが、やはり雪で霞んでいた。 ↓

締めの山行_b0370155_15211059.jpg
来年も健康で山が歩けますように。 




# by yamasakimasahiko | 2020-12-31 16:06 | 登山 | Comments(0)

凄いよ、ふわり

ふわりは12月24日で18歳と6か月になりましたよ。
人間の年齢に換算したら、なんと90歳なんだとか。すごいね~、我が家代々の長寿記録を更新し続けてます。
まだまだ食欲旺盛なので、来年もイケそうです。

凄いよ、ふわり_b0370155_17144484.jpg
もも「鹿肉が効いてましゅね。自分で立ち上がるのにはびっくりでしゅ。」

凄いよ、ふわり_b0370155_17144915.jpg

良いお年をお迎えください。



# by yamasakimasahiko | 2020-12-29 17:22 | 登山 | Comments(2)

三辻山を歩く

9時過ぎ、ももちゃんと共に三辻山を目指して歩き始めました。猪に掘り返された登山道には、昨日と思われる人の踏み跡が残っており、別にポチとももちゃんだけが使っているルートでもなさそうです。駐車スペースが狭いこともあって滅多に人に逢わないから、すっかりマイコースと勘違いしてしまいそうになるなぁ。

鹿が登る白骨樹へ寄り道、早明浦ダム湖にかかる雲海を撮影。 ↓

三辻山を歩く_b0370155_16343794.jpg
本山白髪山には傘がかかっています。 ↓

三辻山を歩く_b0370155_16344074.jpg
岩場に残っていたのはコミネカエデ? ↓

三辻山を歩く_b0370155_16344450.jpg
白骨樹を逆光で。この角度から眺めても鹿はいません。 ↓

三辻山を歩く_b0370155_16344747.jpg
ももちゃんの凄いのは、こんな岩場でも平気で歩けること。背丈より高い岩も飛び越えるのじゃなく、地味ですがよじ登ります。

もも 「楽勝っすよ」

三辻山を歩く_b0370155_16345196.jpg
今日も黒滝峰に寄り道します。太平洋が輝いていい眺めです。 ↓

三辻山を歩く_b0370155_16345547.jpg
色の無い冬の林で唯一、紅いツルシキミ。 ↓

三辻山を歩く_b0370155_16345993.jpg
そしていつもの苔山。萌え~。 ↓

三辻山を歩く_b0370155_16350205.jpg
う~ん・・・やはり霧吹きの水滴は嘘くさい。自然の作り出す演出には到底及ばないと思い知るのでした。(^^;)

11時過ぎ、三辻山山頂に着きました。お湯を沸かして味噌汁とおにぎりで昼食を取ります。平家平・ちち山・笹ヶ峰を撮影、すこし霞んでいます。 ↓

三辻山を歩く_b0370155_16350935.jpg
浦戸湾。ポチが自転車に乗っていて追突された青柳橋も確認できます。結構、解像力の高いレンズだと感心しました。 ↓

三辻山を歩く_b0370155_16351213.jpg
下山中に見つけたカンアオイの仲間。ポチには判別できませんが、凄い地味な花で、普通に見ても花が咲いていることには気づかないと思います。 ↓

三辻山を歩く_b0370155_16351623.jpg
昼に工石山登山口に下山、歩いて三辻山登山口へと移動していたら・・・なんと短パン姿で走り上がってくるお兄さんが・・・。う~~む、その体力と気力、実にうらやましいです~。

もも 「昨日のLSD、途中で歩いたでしゅね?ガーミン見たら一目瞭然でしゅよ、情けないでしゅ。」

三辻山を歩く_b0370155_16351997.jpg

年寄りですから、マイペースでいきましょう。





# by yamasakimasahiko | 2020-12-06 17:19 | 登山 | Comments(0)