人気ブログランキング |

自宅周辺の天候は明るい曇り空だけど、山はどうだろう。予報では雨だけど、ザーザー降りじゃなけりゃ登ってみるか。だって今日はシャクナゲが凄そうだから・・・。試しにももちゃんを誘ってみたら、最近では珍しく乗り気でついて来た。

もも 「何言ってるでしゅか。ももは毎回、行く気満々でしゅよ。」

網川トンネルを抜けて土佐山に入ると小雨になり、県道16号の高度が上がってくると山はガスにまかれている。登り始めから雨具を着るのって何年振りだろう。おそらく、40年振りぐらい?徳島の矢筈山に落合峠から登る時に着て以来か? (笑)

もも 「何言ってるでしゅか。ももにもゴアの雨具を買うでしゅよ。」

ガクウツギ。 ↓ 質素だけど白が美しい、ポチの好きな花。いや、白いのはガクだから、「ポチの好きなガク」が正しいのか。

b0370155_15594028.jpg
もも 「しょうもないこと言ってないで先を急ぐでしゅよ。」

b0370155_15594428.jpg
ヤマツツジの園芸種かな?花付きが凄い。 ↓

b0370155_15594887.jpg
杖塚のツツジ。キリシマなんちゃら?? ↓

b0370155_15595546.jpg
ホウチャクソウ。 ↓ 密かに咲いているイメージがある。雨が似合うと思う。

b0370155_15595205.jpg
杖塚から北回り、途中で赤良木園地方面へ。すると・・・ほら出た。 ↓

b0370155_15595917.jpg
雨の中のシャクナゲはイイネ。

b0370155_16000624.jpg
我とももちゃんを忘れてバシャバシャ撮る。

b0370155_16001436.jpg
空気感がイイネ。霧吹きの小細工は無用。(笑) まだ蕾の株もあって、来週もきっと楽しめる。↓

b0370155_16001875.jpg
くどいけど、蕾の濃い色が好き。これって何色と呼べば? ↓

b0370155_16002176.jpg
ちょっと引いてもイイネ。 ↓

b0370155_16002343.jpg
あ~~もうシャクナゲ最高っ。

b0370155_16002990.jpg
白っぽいのもイイネ。 ↓

b0370155_16003298.jpg
ハイノキも咲いていた。これも清楚で好き。 ↓

b0370155_16003541.jpg
賽の河原のヤブデマリ。 ↓

b0370155_16003751.jpg
ここからもシャクナゲが凄い。 ↓

b0370155_16004069.jpg
引いてもイイ感じ。 ↓

b0370155_16004752.jpg
もも 「ももはまだ~♪ 四歳だから~~♪ 生まれて初めて見るゴージャスさでしゅ。」

b0370155_16005042.jpg
引いても ↓

b0370155_16005316.jpg
寄ってもいい感じ。 ↓ 次は無いかも知れないと思い、心行くまで堪能してみた。

b0370155_16005593.jpg
もも 「そんなこと言ってる奴にかぎって長生きしたりするんでしゅよね。」

b0370155_16005804.jpg
本降りになる前に下山することにした。 根曲がり杉。 ↓

b0370155_16010244.jpg
サワガニ。白いのでアルビノ? 子供のころには、「便所ガニ」という、とてつもなく酷い名前の呼び方をしていたのを思い出した。君を便所ガニの代表にして、ゴメンナサイと謝ってみた。 ↓

b0370155_16010786.jpg
久々に雨の山も良いなぁと感じた一日だった。


# by yamasakimasahiko | 2019-05-19 18:25 | 登山 | Comments(0)

毎年このシーズンには三辻と工石に張り付いていますが、今日も当然のごとくに張り付きます。お目当てはシャクナゲ。豪華絢爛な景色を期待して、足取りも軽く三辻を登って行きます。 ↓ タニギキョウのお花畑。

b0370155_18525817.jpg
そしてそして。 ↓

b0370155_18530288.jpg
やはり咲いていました、シャクナゲ嬢。山に咲く花の中で、一番ゴージャスなのがシャクナゲだと思います。そして若葉の綺麗なシロモジ。 ↓ 形が動物の足跡みたいで可愛らしいのです。

b0370155_18530520.jpg
三辻のシャクナゲは数こそ工石に負けていますが、雰囲気があるというか・・・とにかく人が少ないので浸ることができるのです。

b0370155_18530857.jpg

b0370155_18531135.jpg

b0370155_18531461.jpg

b0370155_18531971.jpg
もも 「花も綺麗でしゅが、野鳥のさえずりも良いでしゅねぇ。」

b0370155_18531651.jpg
工石へと転進。三辻より、少し開花が遅いようです。ですが、シャクナゲは開花直前の蕾が一番美しいとポチは思います。 ↓ 色が凄いよねぇ。

b0370155_18532257.jpg

b0370155_18532665.jpg

b0370155_18532980.jpg
風の谷では凄いことになっていました。 ↓

b0370155_18535414.jpg
もも 「来週、もう一度来ないとダメでしゅね。」



# by yamasakimasahiko | 2019-05-11 19:30 | 登山 | Comments(0)

もも 「パパしゃん、今日の山行でしゅがぁ~。ももは三辻・工石のシャクナゲが気になって気になってしかたないのでしゅよ。」

ポチ 「そうだね、最近ずっと気温が高めだし・・・今日は東三森山へと考えていたけど、予定変更、三辻へ行ってみよう。」

もも 「ラジャーでしゅ。流石はパパしゃん、こういうのを「あうんの呼吸」っていうでしゅね。」

8時50分、三辻山登山口から登り始めます。登山道右の沢音が気持ち良いです。足元にはスミレ。 ↓ タチツボスミレでしょうか。

b0370155_19083138.jpg
ツボスミレ? ↓

b0370155_19083831.jpg
ツクバネソウ、地味な花ですが、これも春を告げる花です。 ↓

b0370155_19083462.jpg
キジムシロ? ↓

b0370155_19084794.jpg
↓ タニギキョウ

b0370155_19084418.jpg
ギンリョウソウ。 ↓

b0370155_19084134.jpg
ミヤマカタバミ。 ↓ コミヤマカタバミかは不明です。この花も終盤になりましたが、ポチは好きな花です。

b0370155_19085177.jpg
今が盛りのツルシキミ。 ↓

b0370155_19090245.jpg
これは?誰??↓

b0370155_19090516.jpg
あなたも・・・誰?? ↓

b0370155_19090841.jpg
小花を見つけるたびに跪いて撮影・・・なかなか前に進めません。(^^;) それにしても、花を見るとそれだけで嬉しくなるのは何故なんだろう。別に腹の足しになるわけでも無いのに。ここでマクロレンズからツァイスにレンズ交換します。流石にこのままマクロ撮影してると日が暮れますから。(ここからの画像にツァイスレンズが表現する、独特の空気感を感じていただければと思います。なんか違うんですよ。)
三辻のシャクナゲ。 ↓ 開花が近いです。

b0370155_19091130.jpg
オオモミジの若葉は、紅葉みたいです。 ↓ 若葉なのに赤い、個性的で面白い。

b0370155_19091622.jpg
ブナの若葉。なんという清々しさでしょうか。心の中の悪いものが洗い流されるような気がします。えらそうな事を言いますが、結局のところ、人間も植物に生かされているんだと思います。 ↓

b0370155_19091872.jpg
トチノキの若葉。ひと際目を引く美しさです。 ↓

b0370155_19092174.jpg
三辻から工石へ。シャクナゲの蕾、ピンクが濃い~。もうすぐ咲きそうです。 ↓

b0370155_19092615.jpg
そして・・・一輪だけ開花している株を発見~~~。よっしゃ、よっしゃ。今日はこれだけで大満足です~。 ↓

b0370155_19093096.jpg
まさか咲いてるとは思っていなかったので、本当に嬉しかったです。

この後、例年開花が早い「風の谷」のシャクナゲも観察してきましたが、ここもすぐにも咲きそうな状態でした。 ↓

b0370155_19093341.jpg
もも 「差し出がましいでしゅが、ももは三辻・工石のシャクナゲ見頃時期を来週末と宣言するでしゅ~。お見逃しなく~。」

b0370155_19092342.jpg
特に、賽の河原を上がってすぐ、登山道を挟む形で生えている二株は蕾の数が多く、咲けばかなりゴージャスだと思います。きっと映えますよ。



# by yamasakimasahiko | 2019-05-05 20:32 | 登山 | Comments(0)

三辻山

今日も「ももちゃん」と三辻山を歩きます。登山口へと向かって走る車中から山肌を眺めますが、アケボノツツジのピンクが少ないです。もう終わってしまったのでしょうか。登山口には先着車が1台、仕方ないのでヘアピンカーブを上がった左側のスペースに車を止めて登山の用意をします。気温は低めで空気がヒンヤリしていました。

さぁ、ももちゃん行くよ。

今日の足元はトレランシューズ、足の運びがめちゃくちゃ軽いです。コハウチワカエデの若葉がきれい。 ↓

b0370155_17385436.jpg
しばらく登ると「白骨樹を登る鹿」が現れます。残念ながら珍百景には選ばれませんでしたが、今日も黙々と登っているように見えました。 ↓

b0370155_17385782.jpg
谷底の方からは、鹿の鳴くピーピーという声が聞こえてきて、この「白骨樹の鹿」もテレビ取材の時にタイミング良く鹿が鳴けば、展開は、また違っていたのかも・・・などと思いながら行きます。足元ではツルシキミが満開でした。 ↓

b0370155_17390168.jpg
黒滝峰に寄り道します。石鎚が見えます。 ↓

b0370155_17390490.jpg
ここのヒカゲツツジも終盤でした。 ↓

b0370155_17390758.jpg
このあと、工石山方面も歩いてみましたが、アケボノツツジはほぼ終わり。替わってミツバツツジが咲きほこっていました。 ↓

b0370155_17391294.jpg
次は艶やかなシャクナゲの開花を待ちましょう。

b0370155_17391566.jpg

もも 「ブナも芽吹き出してましたし、山が生き生きとしてるように感じたでしゅね。」

ポチ 「そうだね。ポチも山から生気を分けてもらった気がするよ。で、次は花を求めて、もう少し標高の高いところを歩いてみようかね。」



# by yamasakimasahiko | 2019-04-28 18:22 | 登山 | Comments(0)

三辻から工石を歩く

二週間ぶりに工石山を歩きます。時期的には花の季節のはしりです、色々な花々で目が楽しめるのではないでしょうか。三辻山登山口に先着車が無かったので、ここから歩くことにします。登山口に入ってすぐ、なぜか「直登コース」が気になり、左折します。もう何年も歩いて無いコースですが、ももちゃんは行けるのかな?短いですが岩場があったような・・・。踏み跡は薄いですが、目印のテープを追っていきます。

もも 「パパしゃん、運動神経抜群で流石のももでも、垂直な岩場登りは無理でしゅからね、その時は助けてくだしゃいね」

尾根をたどって行くので急登が多いです。休み休み登ります。しばらく歩くと、岩場が現れました。岩場の取りつきに咲いていたアケボノツツジ。 ↓

b0370155_18272415.jpg
これが咲くと山の春到来を感じます。岩場はももちゃん一人では上がれない箇所もあり、脇に抱えたり差し上げたりしながらクリアしました。大した高度では無いのですが、落ちたらヤバイ岩場でした。しばらく行くと普段歩いている登山道に出会います。道端はスミレとカタバミのお花畑です。タチツボスミレかな。↓

b0370155_18272811.jpg
直径が5㍉ぐらいの小花。↓ ハルトラノオ?

b0370155_18273139.jpg
クロモジの花。 ↓

b0370155_18273494.jpg
シキミ。 ↓

b0370155_18273707.jpg
ツルシキミ。 ↓

b0370155_18274060.jpg
ミヤマカタバミ。 ↓

b0370155_18274507.jpg
ミヤマハコベ。 ↓

b0370155_18274847.jpg
エイザンスミレだと思います。 ↓

b0370155_18275326.jpg
タムシバは満開で見頃。アケボノツツジは満開の株もありますが、全体的には3~4分咲きです。来週が見頃ではないでしょうか。



# by yamasakimasahiko | 2019-04-20 19:04 | 登山 | Comments(0)

孫の手

初孫ちゃん、順調に大きくなっているようです。自分の息子以来、30数年ぶりに赤ちゃんを抱っこしましたが・・・首グラグラやん・・・恐~~って感じでした。気付いたのは、指が長くて綺麗なこと。ピアノとかどうですかねぇ。

b0370155_20451714.jpg

ツァイスT*50mmf1.4 + ニコンZ6、被写体は「ももちゃん」から孫へと替わっていくのでしょうか。(^^)



# by yamasakimasahiko | 2019-04-15 20:50 | Comments(0)

工石山周回

※ICレコーダーでの録音をリンクしています、荒んだ心がきっと綺麗になります、ぜひお聞きください。v

今日も三辻から工石への予定でしたが、三辻山登山口には2台の先着車が。無理して駐車するのは止めて、工石山登山口へと向かいます。ここから工石山へは登らず、ゲートを跨いで三辻山方面へと登っていくことにしました。天候は晴れ、気温も高くてフリースでは暑いくらいです。野鳥も盛んにさえずっていました。 野鳥の声はこちらをクリック。

三辻山登山口からは東に向かって歩きます。道端には春の訪れを告げる小花が咲いています。すみれちゃん。 ↓

b0370155_18273821.jpg
キジムシロちゃん。 ↓

b0370155_18274453.jpg
なぜかポツンと群生するバイケイソウ。 ↓

b0370155_18274127.jpg
歩いている間にも小鳥のさえずりが心地良いのです。 この声は誰だろう?クリック?

今日は新しいシューズの慣らし履き、先代と同じASOLOです。何といってもアゾロの良いのところは足に吸い付くようにフィットすること。モンベルでも購入できますが、トレッキンで買うとかなり安く買えます。一歩一歩、イタリアンテイストな歩き心地が楽しめますよ。

b0370155_18274720.jpg
ドロマイト採石場跡からの石鎚山。雪渓が確認できます。 ↓

b0370155_18274956.jpg
ここでも野鳥のさえずり。 きれいな声です、クリック。 姿が見えないので誰だかわかりません。

杖塚に到着、トサミズキが開花していました。 ↓ いよいよ春が工石にも訪れたようです。

 
b0370155_18275196.jpg
北回りで登って行くと、バイカオウレンが咲き残ってくれていました。 ↓

b0370155_18275451.jpg
北の頂上から眺める寒風山周辺の山々。 ↓

b0370155_18275898.jpg
頂上で昼食を取り、賽の河原へと降りていきます。河原で鳴くのは誰? ダゴガエルかな?クリック

今年はシャクナゲの蕾数が多く見られています、開花は5月ごろでしょうか楽しみです。

b0370155_18280120.jpg


# by yamasakimasahiko | 2019-04-07 09:39 | 登山 | Comments(0)

高知城花回廊

高知城花回廊に行ってきました。ひろめ市場はスルーします。

b0370155_18265543.jpg
観光客の皆様方が良く撮っている撮影ポイントから。 ↓

b0370155_18270321.jpg
大手門前から生け花三昧になります。 

b0370155_18270606.jpg
どうしても手振れしてしまいますが・・・。

b0370155_18270908.jpg
日頃からの心の汚れを雅楽で洗い流します。 ↓

b0370155_18271485.jpg
二の丸へと登っていきます。ナンチャラマッピング?? ↓

b0370155_18271715.jpg
ちょっと酔っぱですし、足元が暗いので要注意です。

b0370155_18272015.jpg
ありきたりな表現しかできませんが、綺麗です。迫力さえ感じます。

b0370155_18272331.jpg
闇に浮かび上がる花の魔力。

b0370155_18272654.jpg
幻想的な趣向。

b0370155_18272915.jpg
非日常的な光景に圧倒されます。

b0370155_18273263.jpg
皆様方もぜひ、ご覧になってみてください。何といっても、こんな素晴らしいゲージュツ鑑賞がタダなんですから。w

b0370155_18273588.jpg
メロンパンを買って、帰りました。

b0370155_18265902.jpg


# by yamasakimasahiko | 2019-04-06 18:53 | Comments(0)

私的には3回目の参加となる四万十川桜マラソンを走ってきました。朝、目覚めると凄い音をたてて強風が吹き荒れていました。マラソン会場への出発を躊躇させるほどの強風です。寒さ対策で、ウィンドブレーカーを用意しました。

b0370155_17081833.jpg

桜はほぼ満開。気温は8℃、スタート直前でウィンドブレーカーを脱ぎ、アームカバーで寒さ対策です。9時に号砲が鳴ってスタート。入りの1キロは6分10秒、次の1キロは5分40秒、以後5分20~30秒をキープして走ります。ちょっとシューズの中で足が動く感触があり、靴紐を締め直したいのですが・・・このまま流れに乗って走ることにします。15キロ地点までは快調そのもの。しかし、20キロが近づくと踵に痛みが出だしたため痛み止めをドーピング。(^^;) ホント、足が弱いなぁ。

沿道の方々から応援されて背中を押され、エイドで補給を受けながら頑張ります。ピッチ、ピッチ。ピッチを保て~~。

27キロ過ぎからきつくなりました、ひたすらに辛抱します。そして残り3キロで足が売り切れたのですが、時計を確認するとキロ6分ペースでもサブ4が達成できそうで一安心。

b0370155_17082951.jpg
去年より@4分タイム短縮できました。

エイドに「塩ぜんざい」があり、「これや」と一気飲みしたのですが・・・意外に熱くて死にそうになりました。w 大会運営者の方々、ボランティアの方々、応援の方々、本当にありがとうございました。この大会だけは、ずっと参加したいと思います。走れる限りですが。



# by yamasakimasahiko | 2019-03-31 17:32 | ジョギング | Comments(0)

開花宣言!

先週には蕾だったバイカオウレン、見事に開花しておりました。

毎度おなじみの三辻~工石コースを今日も歩きます。歩数でおよそ19,000歩。(三辻~工石北コース~賽の河原~赤良木園地~杖塚) 同伴者はもちろん、ももちゃん。先週ほどではありませんが、冷え込んでます。霜柱も立ってます。それでも、季節の移ろいを止めることはできず。

b0370155_17365097.jpg
馬酔木が開花してます。スミレやカタバミはまだです。白骨樹を登る鹿・・・。 ↓

b0370155_17365424.jpg

なんと、この鹿がテレ朝の「ナニコレ珍百景」の取材を受けた模様です。投稿者は「おじょもの山登り」さん。https://ohara98jp.exblog.jp/ ブログを見てください、撮影班との同行記がアップされています。放送日は未定とのことですが、絶対に見ないとダメですね~。

偶然ですが、この直後にお尻が真っ白な鹿と遭遇しました。この山域で鹿を見たのは初めてです。たいへん可愛らしいのですが、増えすぎると食害も発生して難しい問題になります。本格的な春も間近です、シキミの蕾。 ↓

b0370155_17365844.jpg
ツルシキミの蕾。 ↓

b0370155_17370139.jpg
杖塚にあるトサミズキの蕾。 ↓

b0370155_17370567.jpg
工石山山頂へは、北回りで行きます。この北回りコースではまったく期待していなかったのですが、なんと・・・↓

b0370155_17370894.jpg

b0370155_17371304.jpg
バイカオウレンが咲いていました。これで早々に本日の目的達成です。工石山にも春がきました。

頂上で昼食を取り、賽の河原へと降りる本命コースを行きます。咲いてる、咲いてる。何度みても可憐な花です。佐川の大群生も見事ですが、この「ポツンと一軒家」状態?ポツンと一輪、また一輪・・・何と言うはかなさ。ポチの心をわしづかみです。w 

b0370155_17371637.jpg

b0370155_17372187.jpg

b0370155_17372469.jpg
もう何も言うことのない山行でした。

もも 「パパしゃん、今日は良い日でしたね。バイカオウレンを踏まないよう、ももは気を使ったでしゅよ。4月に入ったら~、つつじ類が賑やかに咲くでしゅね~。シャクナゲの蕾もいっぱい確認できたでしゅし、楽しみでしゅね」

b0370155_17372866.jpg



# by yamasakimasahiko | 2019-03-23 19:04 | 登山 | Comments(0)

きざし

2月17日に龍馬マラソンを走って以後、足腰の不調にみまわれています。具体的には長距離、ゆっくり走っても長時間走れないのです。股関節や膝、踵に痛みが出て10キロ走るのがやっと。マラソンから1ヶ月経っても回復しないなんて・・・。

という事情もあり、今日は走るのを止めてももちゃんと山歩きです。時期的に、そろそろバイカオウレンが咲きそうな工石山に向かいます。

もも 「バイカオウレン、咲いてたらいいでしゅねぇ~。夕べからの寒気流入が心配でしゅが、パパしゃんは強運でしゅから。きっと咲いてましゅよ。」

ももちゃんと言えば、最近山歩きに誘っても嫌がる?ことも多く。「山行くよ~」と誘ったら、隠れたり逃げたり。(^^;) まだ4歳なのに、隠居するには早過ぎだよ、ももちゃん。

9時過ぎにいつものコース、三辻山登山口から歩き始めます。足元には所々に雪、風は北西から冷たい強風・・・アンダーウェアとフリースだけでは寒いので、速足で登って温める作戦で行きます。馬酔木はもうちょっとで咲きそう。 ↓

b0370155_18183879.jpg
樫山峠のススキにも雪。 ↓

b0370155_18184309.jpg

出がけには嫌がっていたももちゃんですが、雪を見るとテンションが上がります。前を引いたり引かれたり、ゆっくりと行きます。 ↓

b0370155_18211246.jpg
白骨樹に接近。 ↓

b0370155_18213468.jpg
もも 「山の春にはまだちょっと早いみたいでしゅねぇ。」

b0370155_18214018.jpg
三辻山から工石山へと転進、南回りコースを行きます。屏風岩からの眺め。 ↓ 夜半の雨と強風のおかげで空気が澄んでいます。

b0370155_18214439.jpg
賽の河原でサンショウウオを探しますが不発。この寒さでは無理かな~と思いますが、バイカオウレン、一輪でもとわずかな期待を胸に頂上へと登って行きます。すると・・・。 ↓

b0370155_18214906.jpg
お~~~!!蕾ではありますが。直径3ミリほどですが、なんという可憐さ。今日はこれだけで十分に満足です。ここまでの疲れが吹っ飛びました。

頂上直下の檜、歩いてます。 ↓

b0370155_18215806.jpg
誰も居ない頂上でゆっくりと昼食を取り、北回りに下山をしました。

もも 「パパしゃん、蕾とはいえバイカオウレンが見られて良かったでしゅね~。これからも無報酬で山歩きのお付き合いしましゅから。(謎)」

b0370155_18215400.jpg
う~ん、ももちゃん・・・何か頂戴って臭わせてる??w 
月末に四万十川桜マラソンを走りますが、山歩きを優先したいと思います。



# by yamasakimasahiko | 2019-03-16 19:30 | 登山 | Comments(0)

めでたく

おじいちゃんになってしまっていました。

女の子です。


b0370155_22043996.jpg
当然ですが、今祝い酒を呑んでいるところです。v

# by yamasakimasahiko | 2019-03-07 20:25 | Comments(0)

黒爪再び

絵面が汚くてすみません。

龍馬マラソンの後遺症がまだ、残っています。黒爪です。前回までは「左足の人差し指」でしたが、今回は「左足の親指」です。一週間ほど痛みがありましたが、今は無痛です。でも、やはり・・・剥がれてしまうんでしょうか・・・。やだなぁ~。

ちゃんと5本指ソックスを履いて走ったんだけどなぁ。こうなる原因っていったい何??? 何なん????

ちなみに。爪に現れる縦じまの線は老化現象だそうです。(/_;)

b0370155_20420371.jpg

爪が剥がれてしまうにしても、どうか「四万十川桜マラソン」までにはケリがついていますように。



# by yamasakimasahiko | 2019-03-06 20:56 | ジョギング | Comments(0)

まだ開花に早いのは重々承知の上ですが、「今年はいろんな花の開花が早い、もしかして」との思いで三辻・工石を歩いてみます。お目当ての花はバイカオウレン。例年は工石なら3月中旬以降が見頃になります。まずはいつものコース、三辻から歩いて行きます。

相変わらずの冬枯れ景色で殺風景な中、鹿は今日も登っています。 ↓

b0370155_16183222.jpg
まだ頑張って実をつけているツルシキミ。 ↓

b0370155_16183554.jpg
ドロマイト採石場跡から見る石鎚山と筒上山。雪も確認できます。 ↓

b0370155_16183813.jpg
バイカオウレンは影も形も無かったのですが、シャクナゲには花芽がついていました。 ↓ 春が待ち遠しいなぁ。

b0370155_16184265.jpg
工石山は南も北も頂上周辺の樹木が切り払われており、見晴らしが良くなっていました。奥工石山周辺。 ↓

b0370155_16184488.jpg
石鎚、瓶、寒風、笹など。 ↓

b0370155_16184700.jpg
ちょっと気が早かった山歩きでした。

b0370155_16185065.jpg

# by yamasakimasahiko | 2019-02-24 16:40 | 登山 | Comments(0)

リカバリー

これまでは、マラソンの翌日に軽いジョギングでリカバリーしていましたが、今回はとても走れる状態ではありません。膝がちぎれそうです。ももちゃんを誘って、ジョギングコース@8キロを歩くことにしました。いや、歩いても痛いのですが・・・。鴻ノ森のスイセンも終盤です。


b0370155_13374427.jpg
杉花粉もそろそろ本番に。 ↓

b0370155_13374741.jpg
梅は満開でした。 ↓

b0370155_13375098.jpg
日陰の湿った場所に初めて見る花。なんという花だろう? ↓

b0370155_13375368.jpg
春を告げる「オオイヌノフグリ」。 ↓

b0370155_13375726.jpg
足が痛んで、ももちゃんに引きずられながら2時間あまり。明日には復活しているのでしょうか。

b0370155_13380014.jpg

# by yamasakimasahiko | 2019-02-18 13:43 | ジョギング | Comments(0)

高知龍馬マラソン2019

RKC高知放送の龍馬マラソンを見ながら、ブログを更新しています。今回は20キロ走を3回だけと距離が走れていなくて不安でしたが。

b0370155_15573356.jpg
なんと去年のタイムを13分短縮できました。30キロ過ぎから股関節の痛みと闘いながらも、どうしてもネットタイムでサブ4を・・・とがんばりましたが叶いませんでした。もう今回でマラソンは止めようとも思っていたのですが、還暦過ぎても記録が伸びるんじゃあ来年も・・・。(^^;) 沿道の皆さんの応援が凄く熱くて、今度は応援する側も良いかな~って思っています。

バスで春野から県庁前まで送ってもらい、電車で鏡川橋まで。そこから自宅までの2キロ余り、痛む右足を引きずりながら、ヨロヨロと歩いたのでした~。

b0370155_15554455.jpg
b0370155_15552440.jpg

次は四万十川桜マラソンですが、まずは気分転換で山を歩いてみようと思います。すぐに次の練習する足は残っていませんから。


# by yamasakimasahiko | 2019-02-17 16:13 | ジョギング | Comments(0)

雪の北山を歩く

昨日の寒波で北山にも雪が降ったようです。早速調査に向かいますが、相棒のももちゃんはワクチン接種をしたばかり、今日はお留守番です。前夜には「伊予富士へ」とも考えていましたが、きっと強風で寒いだろうと思って近場に決めました。土佐山高川から登山口までの路面状況は、融雪剤がまかれていることもあって凍結していません。9時20分、三辻山登山口から歩き始めます。

積雪量は5センチぐらいか、もみの木に積もった雪。 ↓

b0370155_16074199.jpg
樫山峠側から見る白骨樹と大岩。 ↓

b0370155_16074423.jpg
今日は鹿も雪をかぶっています。 ↓

b0370155_16074890.jpg
風がゴーゴー音をたてて吹き荒れています。ほんと、伊予富士じゃなくて良かったです。(笑) 寒さに耐えるツルシキミ。 ↓

b0370155_16075137.jpg
今日も三辻山には寄らず、工石山へと転進します。杖塚から北回りを選択しました。途中にある「根曲がり杉」。 ↓

b0370155_16075476.jpg
シロワシ岩から眺める嶺北地方。棚田も雪をのせています。遠く四国山地は寒波の真っただ中、寒風・笹は雲の中でした。 ↓

b0370155_16075647.jpg
若い時には何でもなかった岩場登り、この頃はバランスを取るのが下手になり・・・ふらふらと危なっかしいこと、この上ないのでした。

# by yamasakimasahiko | 2019-01-27 16:30 | 登山 | Comments(0)

いよいよ、高知龍馬マラソン2019が来月に迫ってまいりました。今回は(も?)練習があまりできてなくて、月間走破距離120キロぐらいです。タイムアップを狙うスピード練習もまったくできていないので、4時間30分ぐらいのタイムで”楽しく”走ることができればなぁと思っています。というのも、これまでのラン歴3年あまり、思い返してみても楽しく走ったことは無い気がします。走り出すとついつい本気になって、苦しい辛いマラソンになってしまっていました。でもさすがにもう還暦を迎えましたし、そろそろ大人の余裕でもって楽しいランを・・・。できるかな~?

先日にナンバーカードが届きました。なななんと、これがびっくりのキリ番”5000”、ラッキーなんじゃないの? キリ番って千分の一の確率ですし、きっともう何かの景品が当たってますよね??( ´艸`) 楽しみや~。

b0370155_20310611.jpg
今年もマイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュの水玉ジャージで走ります、頑張りまっす。


# by yamasakimasahiko | 2019-01-22 20:54 | ジョギング | Comments(0)

寒風山

霧氷が見たくなって寒風山へと向かいます。かなり頑張って5時起き、本川に雪は無く気温は-1℃でした。国道から見上げる寒風山は・・・あれ~?白くありません。そうか、暖冬だから仕方ないのか。それでも、かすかな希望を北側斜面に持って、登山口に到着しました。先着車は5台、休日にしては少なめです。

アイゼン(クランポン)を着けて登り始めますが、登山靴を新しくしてから未調節のためズレてきます。面倒くさいけど、いったん外して調整しました。アイゼンを着けると足が締め付けられる感じで歩きにくいなぁ。岩場では足に衝撃も走るし。桑瀬峠から寒風山方向を撮影。 ↓

b0370155_15490865.jpg
天気は良くて見晴らしは最高ですが、肝心の霧氷がありません。伊予富士。右に東黒森、奥に石鎚山系の筒上山。 ↓

b0370155_15491277.jpg
ガスに隠れている西黒森、顔を出しているのは瓶ヶ森。 ↓

b0370155_15491558.jpg
今日もズームレンズは持たず、男の50㍉一本勝負です。冠山。 ↓

b0370155_15491818.jpg
霧氷があったのはここだけでした。 ↓

b0370155_15492191.jpg
再度、石鎚方面を望みます。遠くまでクリアーな眺めでした。 ↓

b0370155_15492470.jpg
寒風山山頂に到着。風も弱く、冬場にしては暖かい程でした。カップ麺とおにぎりで昼食。愛媛からの男性3人組と一緒しましたが、この方たちが喋るしゃべる。女三人姦しいと言いますが、このおっさん三人もなかなかの物でした。(山では静かにしましょうね) となりの笹ヶ峰とちち山。好きな景色です。 ↓

b0370155_15492875.jpg
冠山と奥に平家平。遠くに嶺北の雲海も確認できます。(右奥) ↓

b0370155_15493105.jpg
下山時には足元の雪も緩んでいましたが、泥だらけのアイゼンをザックに着ける気にはならず、ずっと履いて下りました。13時前に下山、久しぶりのアイゼンで大変疲れました。(膝とかの関節にきます)下山時の桑瀬峠近くから振り返った寒風山。 ↓

b0370155_15493578.jpg
駐車場近くまで下りてきても、これから登って行く登山者が。ポチ的にはあり得ない時間なんですが、いろんな人がいるんだなぁ~と感心しましたw。夕日を眺めて、ヘッドランプ点けて下山か?・・・それもまた一興ですね。



# by yamasakimasahiko | 2019-01-14 16:32 | 登山 | Comments(0)

冬枯れの三辻~工石

久しぶりにももちゃんと山行へ。歩くのは勝手知った三辻山から工石山です。いつもの登山口は先着車2台で止めるスペースは無し、しかたなく工石山登山口から三辻山を目指します。樫山峠分岐を左にとって、お気に入りの自然林を歩きます。
すぐに出てくる白骨樹を登る鹿。右下から左上へ登ろうとしています・・・としか見えません。(手前の木々が邪魔ですねぇ)

b0370155_15285566.jpg
時々小雨が降る冬枯れの中、色を放つ貴重な植物。 ↓

b0370155_15290161.jpg
そう、ツルシキミです。(上画像はホワイトバランスの設定が失敗、本来は下画像が実物に近い色調です)

b0370155_15290627.jpg
工石山頂上では粉雪が混じるようになりました。味噌汁を沸かして、おにぎりで昼食を。久しぶりに美味い飯にありつきました。

# by yamasakimasahiko | 2018-12-24 16:06 | 登山 | Comments(0)