新年、初山行。

もも 「あ~~、今日しかないでしゅ、今日が絶好でしゅ~。パパしゃん、どうして起きないでしゅかね~~!!」

ポチ 「おっと、ももちゃん。随分と早起きだね。」

もも 「明日は曇りっぽいでしゅよ、山へ行くなら今日しかないでしゅよ。」

ポチ 「わかったわかった。この時間から出発して、雪が少なそうな山は・・・平家平へ登ってみようよ。」

もも 「ラジャーでしゅ。でも、ひとつ言っておきましゅが、別に雪が嫌いなわけではないでしゅからねっ。」

新年早々、相変わらず遅い出発の9時半、登山口を登り始めます。必然的にコースは時短の直登ルート、南斜面を登るため積雪はありません。九十九折れで登ること30分弱、尾根に飛び出ます。ここからはしばらく北斜面を歩くことになり、締まった残雪と凍り付いた道になります。
カチカチに凍った渓すじ。 ↓

b0370155_17484869.jpg

ここまで滑り止め無しで歩いてきましたが、急降下するポイントでクランポンを装着、安全第一で行きます。ももちゃんも最近になって山歩きが上達し、上手にポチの後ろを歩きます。

ポチ 「ももちゃん、歩くの上手になったね~。全然「じゃま感」がないよ。」

もも 「ま、あれだけ厳しく教えられたら・・・ねぇ。」

遠くに手箱・筒上が見えるようになってきました。 ↓

b0370155_17485874.jpg
1500を超えると酸素不足を実感するようになります。ゆっくりゆっくり登っていきます。そして頂上。 ↓

b0370155_17490452.jpg

お湯を沸かす間に撮影タイムです。笹ヶ峰。 ↓

b0370155_17491152.jpg
↓ ちち山。

b0370155_17491623.jpg

望遠で撮った石鎚。 ↓

b0370155_17492133.jpg

同じく伊予富士。 ↓

b0370155_17492659.jpg

カレーメシで補給後、見たかった山々を広角で。 ↓

b0370155_17493113.jpg

もも 「ほら、ももが言った通り最高の天気だったでしょ~。」

ポチ 「ほんとだね、遠くまで見渡せて凄かったね~」

帰路、サニーアクシスで買い物を済ませ、ごった返すお客の車列・・・ガシャ、ゴンという異音と衝撃・・・うわ、やられたわ~。ポチは渋滞車列の中で止まっていたのですが、対向車線から駐車する車がポチの車にぶつかったようです。「ひ~、この渋滞の中で事故処理か~?かんべんしてくれ~」 車外に出て状況確認します・・・相手の車のドアミラーがむしれて路面に落ちていますが・・・ポチ車のどこにぶつかったの???確認しますが傷跡は見つからず。(ジムニーのスペアタイヤにぶつかったと思われます)

ポチ 「別に頸椎損傷は無いみたいです、良かったですね~~。あと車体にも。これ、どうぞ。」

と相手の車両のドアミラーを手渡して帰路についたのでした。

昨日、本宮神社での初詣が効いたと思います。流石は八咫烏様でっす。 ※ぶつけられたポチが悪人じゃなかったこと、相手の方にも凄いご利益があったと思いますよ。v


by yamasakimasahiko | 2018-01-02 18:38 | 登山 | Comments(0)