もも 「パパしゃん、最近山歩きに行かないでしゅがどうしたの?」

ポチ 「ほら、マラソンが近づいてきたからさ~、もう1か月無いから走り込みしてるんだよ。」

もも 「そういうのを付け焼刃と言うでしゅよ。どうしてもっと前から計画的にトレーニングしないでしゅかねぇ。」

ポチ 「・・・」

もも 「今日はももがメニューを出しましゅよ。14キロのレースペース走、1キロのラップ5分40秒できっちりと走るのでしゅよ。」

まったくもって、ももちゃんの言うとおりです。昨年は30キロ走などもこなしていましたが、今年は20キロ走どまり。これでサブ4を目指そうなんてマラソンを舐めていると言われても仕方ないですし、自分でも到底無理なことだと思っています。でも、去年よりは良いタイムで走りたいなあ~。

ポチ 「も、ももちゃんただいま~。いや~、キツイ練習だったよ~。」

もも 「お疲れさまでしゅ。どれどれ、タイムを見せるでしゅ。」

b0370155_14253216.jpg

もも 「お~、きれいにタイムを刻んで走ってましゅね。・・・あれ?最後の1キロでペースが落ちてますが?これはどうしたでしゅか?」

ポチ 「あ、それはクールダウンしたんだけど?」

b0370155_14305833.jpg
もも 「ぎゃお~~~!!ちゃんと14キロ走ってからクールダウンしなくちゃダメでしゅ。ぬるい、ぬる過ぎでしゅよっ。なにを考えているでしゅかねぇ。もう~罰として~、うさぎ跳びでグラウンド3周でしゅ。」

こんな緩さですが、龍馬マラソン頑張ってみます。

※うさぎ跳びは膝に悪いんで勘弁してください。



by yamasakimasahiko | 2018-01-21 15:01 | ジョギング | Comments(0)

もも 「パパしゃん、知ってましゅか?昨日の雨、山は雪だったみたいでしゅよ。それも~、結構まとまった量が降ったみたいでしゅよ。」

ポチ 「197号線はチェーン規制が出てるみたいだね。あまり雪が多いと「ももちゃん」は埋もれてしまうからね、工石山でも歩いてみようよ。」

もも 「もも、やっと冬毛に替わってきたでしゅから~、もう震えることはないでしゅよ。」

ポチ達が三辻~工石を歩くときの定番、最後の左ヘアピンカーブ手前に車を停めて歩き始めます。積雪は10~15センチ、これぐらいの雪ならスパッツは不要、シューズも3シーズン用で行きます。天気は快晴なのですが、風が吹くたびに樹上の雪が降り落ちてきます。これが首元に入るとヒャーってなります。

もも 「雪山はイイでしゅね~、音が全部消えたみたいでしゅ。」

b0370155_17453952.jpg

県道からも見える白骨木には、「白骨を登る鹿」がいます。 ↓ 本当に鹿そっくりです。

b0370155_17452700.jpg
冬枯れの中で目立つサルトリイバラの実。ツルシキミもそうですが、赤を見るとなぜかちょっと「ホッとする」んです。まさか還暦だからか?w

b0370155_17453394.jpg

三辻山山頂には寄らず、工石山へと向かいます。杖塚からサイの河原へ、そこから鏡岩コースで頂上へ。南の頂上では、展望台で人生のベテラン4人組がワイワイガヤガヤと煮炊きをしております。「ラーメンを入れる」とか「ご飯を入れる」「隊長」とかの声が聞こえてきます、鍋?ごった煮?。 ポチ達は静かに、ベンチで昼食とします。

b0370155_17454390.jpg

最近はこればっかり、日清のカレーメシ。疲れていてもスープカレー感覚で飲めます。w 難点は、店頭で売られているのを見たことが無いこと。(゚Д゚;)ポチはわざわざ南米はアマゾンから取り寄せています。w 昨日、ハヤシメシなるものも発注してみました。 

b0370155_17454871.jpg
もも 「今日ぐらいの雪がぼっちりでしゅ~。」

近場で手軽に雪山が楽しめた一日でした。

by yamasakimasahiko | 2018-01-06 18:37 | 登山 | Comments(0)

新年、初山行。

もも 「あ~~、今日しかないでしゅ、今日が絶好でしゅ~。パパしゃん、どうして起きないでしゅかね~~!!」

ポチ 「おっと、ももちゃん。随分と早起きだね。」

もも 「明日は曇りっぽいでしゅよ、山へ行くなら今日しかないでしゅよ。」

ポチ 「わかったわかった。この時間から出発して、雪が少なそうな山は・・・平家平へ登ってみようよ。」

もも 「ラジャーでしゅ。でも、ひとつ言っておきましゅが、別に雪が嫌いなわけではないでしゅからねっ。」

新年早々、相変わらず遅い出発の9時半、登山口を登り始めます。必然的にコースは時短の直登ルート、南斜面を登るため積雪はありません。九十九折れで登ること30分弱、尾根に飛び出ます。ここからはしばらく北斜面を歩くことになり、締まった残雪と凍り付いた道になります。
カチカチに凍った渓すじ。 ↓

b0370155_17484869.jpg

ここまで滑り止め無しで歩いてきましたが、急降下するポイントでクランポンを装着、安全第一で行きます。ももちゃんも最近になって山歩きが上達し、上手にポチの後ろを歩きます。

ポチ 「ももちゃん、歩くの上手になったね~。全然「じゃま感」がないよ。」

もも 「ま、あれだけ厳しく教えられたら・・・ねぇ。」

遠くに手箱・筒上が見えるようになってきました。 ↓

b0370155_17485874.jpg
1500を超えると酸素不足を実感するようになります。ゆっくりゆっくり登っていきます。そして頂上。 ↓

b0370155_17490452.jpg

お湯を沸かす間に撮影タイムです。笹ヶ峰。 ↓

b0370155_17491152.jpg
↓ ちち山。

b0370155_17491623.jpg

望遠で撮った石鎚。 ↓

b0370155_17492133.jpg

同じく伊予富士。 ↓

b0370155_17492659.jpg

カレーメシで補給後、見たかった山々を広角で。 ↓

b0370155_17493113.jpg

もも 「ほら、ももが言った通り最高の天気だったでしょ~。」

ポチ 「ほんとだね、遠くまで見渡せて凄かったね~」

帰路、サニーアクシスで買い物を済ませ、ごった返すお客の車列・・・ガシャ、ゴンという異音と衝撃・・・うわ、やられたわ~。ポチは渋滞車列の中で止まっていたのですが、対向車線から駐車する車がポチの車にぶつかったようです。「ひ~、この渋滞の中で事故処理か~?かんべんしてくれ~」 車外に出て状況確認します・・・相手の車のドアミラーがむしれて路面に落ちていますが・・・ポチ車のどこにぶつかったの???確認しますが傷跡は見つからず。(ジムニーのスペアタイヤにぶつかったと思われます)

ポチ 「別に頸椎損傷は無いみたいです、良かったですね~~。あと車体にも。これ、どうぞ。」

と相手の車両のドアミラーを手渡して帰路についたのでした。

昨日、本宮神社での初詣が効いたと思います。流石は八咫烏様でっす。 ※ぶつけられたポチが悪人じゃなかったこと、相手の方にも凄いご利益があったと思いますよ。v


by yamasakimasahiko | 2018-01-02 18:38 | 登山 | Comments(0)

2018年

明けましておめでとうございます。

今年は戌年、ポチの年になりそうな・・・。本年もよろしくお願い致します。

b0370155_12290212.jpg

by yamasakimasahiko | 2018-01-01 12:31 | Comments(4)